お金が滞りなく動いていることは、企業の存続に欠かせないことであり、会社にとって資金は血流と言われたりします。特に創業当初は月末の支払いや経費など、資金繰りに余裕が無いことも多く、事業資金に関する悩みは尽きません。多くの会社は、銀行から事業資金の借り入れを行って、会社の経営をしています。銀行は、事業が軌道に乗っていない状態では、思い切った融資を期待できないことがあります。制度融資は、企業が始まって間もないころに、実績は足りていないけれど事業資金を調達したい時に使うシステムです。地方自治体と、信用保証協会や金融機関が連携して、地方の中小企業の事業資金を確保するためにつくられている制度です。制度融資では、信用保証協会が保証人になります。金融機関としても、保証人がいればまとまった金額を貸し付けることが可能です。制度の中には災害時の支援や業況悪化支援などもありますが、事業実績の少ない場合でも利用できる創業支援があります。起業したばかりの会社が、事業資金を確保したい時には、創業支援の制度を活用するといいでしょう。具体的な融資の条件は、個々の地方自治体によって違います。それでも、金融会社から事業資金のための融資を直接借りるよりも、条件はよくなることが多いようです。細々とした事業計画書がなくても、ある程度の見通しがあれば融資を受けることができるので、比較的借りやすいでしょう。起業直後の不安定な時期を乗り越えることができるようになるには、制度融資などの仕組みを上手に使う必要があります。切手買取 おすすめ