職業選択という言い回しは仰々しく感じるかもしれませんが、子供のころに語った、将来の夢と似たニュアンスがあります。学生から社会人になるにあたって、お金を稼ぐ手段として仕事を選ぶ必要性が生じる人がほとんどでしょう。自分の適性や、仕事に何を求めるかによって、どんな仕事を選択するかを決断する必要することになります。日本においては、職業選択の自由があり、自ら従事する職業を自由に選択して決定することのできる権利があります。これは日本国憲法に定められており、すべての人が持っているのが職業選択の自由です。選択した職業を、やり遂げるか否かについても、個々人が自由に決めていい事柄に含みます。自身の意思で職業選択を行った後で、仕事を本当にするかどうかも、自由意思で決めることができるのです。そもそも、憲法で制定してまで職業選択の自由をはっきりとさせる理由は何でしょう。現代では当然のように受け入れられていることなので、憲法で書くほどのことではないと感じる人もいます。過去には身分や性別、生まれによって自由に職業が選べない時代があり、社会的、経済的に弱い立場の人たちのために作られたのです。しかし、いくら職業選択の自由があるといっても、会社に採用してもらわなければ仕事に従事することはできません。自己研鑽を積んで、企業が求める人材になれるかが、採用に至るためには求められますので、つきたい仕事のために努力をすることが大切です。トイプードル ドッグフード